back[尾八重神楽TOPページへ戻る]

尾八重神楽

[1番〜6番]

 しめあげ、清山(きよやま)、地割(じわり)、幣差(ひさし)、
花鬼神(はなきじん)、大神神楽(だいじんかぐら)


[1番-6番] [7番-8番] [9番-15番] [16番-20番] [21番-27番] [28番-33番]

番附 1番 しめあげ 

 お神楽斎場の出来たことを祝う舞(初参舞) 18:58
毛頭に素襖。左手に扇、右手に鈴。
尾八重神楽 しめあげ 18:58 尾八重神楽 しめあげ 19:06

番附 2番 清山(きよやま) 二人舞 

 お神楽の始まりを告げ、お祓いをする舞(初参舞という) 19:21
烏帽子に狩衣。左手に扇、右手に鈴。
尾八重神楽 清山 19:21


番附 3番 地割(じわり) 二人舞

 天地を鎮め、斎場を清める舞 19:39
「清山」と共に基本神楽のひとつ。
山伏特有の鎮魂動作 へんべ、尾八重特有の舞振り、カラス飛びなどの所作
毛頭に素襖 採り物=刀、榊葉、扇、鈴。
- 尾八重神楽 地割 19:39-

番附 4番 幣差(ひさし) 二人舞

 幣飾りの舞(天太玉命(あまふとだまみこと)が岩戸開きの時しめ縄を張って造らせ舞った神楽。
 花鬼神の地舞 19:49
毛頭に素襖。後越に舞幣一対を差し、左手に扇、右手に鈴。
尾八重神楽  幣差(ひさし) 19:49尾八重神楽尾八重神楽  幣差(ひさし) 20:00

番附 5番 花鬼神(はなきじん) 一人舞

 壱岐宇多守(いきうたのかみ)(湯之片若宮大明神、尾八重神楽の祖)神面の舞 20:02
年少者が舞う。神面を着け、毛頭に千早袴、後腰に舞幣二本を差す。
採り物=めん棒、扇
尾八重神楽 花鬼神(はなきじん)  20:02尾八重神楽 花鬼神(はなきじん) 20:07


番附 6番  大神神楽(だいじんかぐら) 二人舞

 大直日命(おおなおびのみこと)、神直日命(かむなおびのみこと)のお祝いの舞 20:12
毛頭を着け素襖なし。 採り物=榊葉、扇、無幣(大神幣)各一対。
尾八重神楽 大神神楽(だいじんかぐら) 20:12 尾八重神楽 20:25
尾八重神楽 大神神楽(だいじんかぐら) 20:27尾八重神楽 大神神楽(だいじんかぐら) 20:34尾八重神楽 大神神楽(だいじんかぐら)20:36

←尾八重神楽表紙へ7番 宿神地舞(しゅくじんぢまい)へ→






宮崎県西都市 尾八重神楽

[1番〜6番]
 しめあげ、清山(きよやま)、地割(じわり)、幣差(ひさし)、
花鬼神(はなきじん)、大神神楽(だいじんかぐら)


ここに掲載された内容は平成19年のものであり、例年同様とは限りません。
日程等は必ず、市の観光課等へ事前確認をお願いします。


-2007/11.22撮影-


当サイト内、神楽関連ページ


高千穂上田原神楽 高千穂神楽その一
 高千穂神楽 岩戸、野方野地区石神神社の神楽 五ヶ瀬町三ヶ所神社の神楽
 銀鏡神楽 生目里神楽 野島神楽

ネットで予約出来る 宮崎のビジネスホテル 観光ホテル 旅館 レンタカーリンク集

PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎の観光、旅行の参考になれば幸いです。

画像無断使用禁

このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
 尚掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ| backMORIMORI HomePageへ




Copyright © 2007  MORIMORI All Rights Reserved.