back[尾八重神楽TOPページへ戻る]

尾八重神楽

[16番〜20番]

獅子舞(荒神)(ししまい・こうじん)、 ばんぜき、神和(かんなわ)、
四人神崇(よにんかんすい)、一人剱(ひとりけん)


[1番-6番] [7番-8番] [9番-15番] [16番-20番] [21番-27番] [28番-33番]

番附 16番 獅子舞(荒神)(ししまい・こうじん) 三人舞

獅子と荒神の舞(獅子の霊を祀る)。狩猟民族の生活と獅子との共存の姿を伝える舞 00:37
「八幡」同様、他の神楽を取り入れたとされており、地舞を除き趣を異にする。
[地舞]毛頭に素襖。左手に扇。右手に鈴。
[獅子] 獅子頭(雄雌対)に毛頭。猪の前半身を形取った覆衣を着ける。
[荒神]神面に毛頭。肩から斜めにタスキ(赤)掛け。 めん棒。
尾八重神楽 獅子舞(荒神) 0:37尾八重神楽 獅子舞(荒神) 0:38尾八重神楽 獅子舞(荒神) 0:39
尾八重神楽 獅子舞(荒神) 0:54尾八重神楽 獅子舞(荒神) 0:57尾八重神楽 獅子舞(荒神) 0:58
尾八重神楽 獅子舞(荒神) 1:01



番附 17番 ばんぜき 一人舞

天鈿女命(あめのうずめのみこと)神面の舞(豊作と子孫繁栄を願うとともに、生活文化を
伝えながら廻るオゴゼの役でもある。)押して転ばせる所作もある。「かご面婆」とも言う。 01:13
神面に頭巾を深く被り、老婆の衣服(丹前)をまとい、背中にかご、腰に「テゴ」(テゴ中にはゴキ、シャモジ、芋)
別に、「マゴジャクシ」(長さ三尺三寸)、左手に舞幣(ばんぜき幣)一対、右手に鈴。
尾八重神楽 (ばんぜき) 1:13
尾八重神楽 (ばんぜき) 1:19 尾八重神楽 (ばんぜき) 1:19
尾八重神楽 (ばんぜき) 1:21

1、幣と鈴の舞。 2、「ゴキ」と「シャモジ」の舞。 3、「マゴジャクシ」の舞、4、「芋」の舞で終わる。

番附 18番 神和(かんなわ・かんなき) 一人舞

大神様ともいい、下照姫(しもてるひめ)の舞いで天若彦を慰め祀る神面の舞 01:36
属に「嫁女舞」とも言う。尾八重神社に天若彦、下照姫を祀る桂木の根元(跡に石碑)がある。
神面に冠を載き、留袖に帯を結び(女装)「ハコセコ」を着け、「スゴキ」を垂らす。
採り物=左手に舞幣(かんなき幣)、右手に扇子。
尾八重神楽 (神和 かんなわ) 1:36361尾八重神楽 (神和 かんなわ) 1:37413尾八重神楽 (神和 かんなわ) 1:39430
尾八重神楽 (神和 かんなわ) 1:39431尾八重神楽 (神和 かんなわ) 1:39456尾八重神楽 (神和 かんなわ) 1:39466




番附 19番 四人神崇(よにんかんすい) 五人舞

五方の神と十二支を鎮め祀る舞 02:01
毛頭にタスキ(赤)を十文字に掛け、左手に刀、右手に鈴。
中王(神主)=烏帽子に素襖、舞幣一対。
尾八重神楽 四人神崇(よにんかんすい)  2:088381 尾八重神楽 四人神崇(よにんかんすい)  2:018362
尾八重神楽 四人神崇(よにんかんすい)  2:018363 尾八重神楽 四人神崇(よにんかんすい)  2:048373尾八重神楽 四人神崇(よにんかんすい)  2:28480



番附 20番 一人剱(ひとりつるぎ) 一人舞

剣の舞 02:53
毛頭。腰に力帯(赤)を着け、タスキ一本、小太刀一対。
尾八重神楽 一人剱(ひとりつるぎ) 2:53


←前の番附「9番〜15番」へ次の番附「21番〜27番」へ→






宮崎県西都市 尾八重神楽

[16番〜20番]
獅子舞(荒神)(ししまい・こうじん)、 ばんぜき、神和(かんなわ)、
四人神崇(よにんかんすい)、一人剱(ひとりけん)


ここに掲載された内容は平成19年のものであり、例年同様とは限りません。
日程等は必ず、市の観光課等へ事前確認をお願いします。


-2007/11.23撮影-


当サイト内、神楽関連ページ


高千穂上田原神楽 高千穂神楽その一
 高千穂神楽 岩戸、野方野地区石神神社の神楽 五ヶ瀬町三ヶ所神社の神楽
 銀鏡神楽 生目里神楽 野島神楽

ネットで予約出来る 宮崎のビジネスホテル 観光ホテル 旅館 レンタカーリンク集

PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  宮崎の観光、旅行の参考になれば幸いです。

画像無断使用禁

このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
 尚掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ| backMORIMORI HomePageへ




Copyright © 2007  MORIMORI All Rights Reserved.