back[Photo Miyazaki 宮崎観光写真] back高千穂 back高千穂神楽

高千穂夜神楽 (上田原神楽)

宮崎県高千穂夜神楽 上田原(カミキタバル)神楽の一部の写真をご紹介します。

この写真は平成18年度(平成19年2月)、高千穂町上田原で奉納された高千穂の夜神楽を撮影したものです。






高千穂 上田原神楽


国指定重要無形民族文化財 高千穂の夜神楽 の概略

高千穂地方に伝承される神楽は、天照大神が天岩戸に隠れられた折に岩戸の前で天鈿女命(あまのうずめのみこと)が調子面白く舞ったのが始まりと伝えられ、高千穂では永い間高千穂宮を中心としてこの神楽を伝承して来ている。
毎年11月の中旬から翌年2月にかけて各集落で三十三番の神楽を奉納し、秋の実りに対する感謝と翌年の豊穣を祈願するものです。
高千穂の夜神楽は出雲系の里神楽であり、33番の舞曲から成り立つ。
33番は観音様は33の化身により人々を救うという「天の33天」の思想によるものといわれている。

上田原神楽

高千穂の上田原神楽は高千穂の夜神楽の中でも一番最後、毎年節分、立春を過ぎた2月10日に行われることから(春告祭り)とも呼ばれているそうです。

平成十九年度「高千穂 上田原神楽」番付

開催日 平成19年(2007)2月10日〜11日 * ()内時刻は平成十八年度番付のおおよその目安時刻。
各番付等は高千穂内でも地区により若干違います。 このページ以外にも下記のリンク先ページに写真があります。

 道行神楽(御神幸)〜舞い入れ
1 御光家(みこや)(17:30〜)
2 太殿(彦舞)(ひこまい)(17:50〜)
3 神降し(かみおこし)(18:20〜)
4 鎮守(ちんじゅ)(18:50〜)
5 杉登り(すぎのぼり)(19:05〜)  
      神事(19:30〜)
6 袖花(そではな)(20:00〜)
7 地固め(じがため)(20:20〜)
8 幣神添(へいかんぜ)(21:20〜)
9 沖逢(おきえ)(22:00〜)
10 太刀神添(たちかんぜ)(22:40〜)
11 住吉(すみよし)(23:10〜)
12 火の前(ひのまえ)(24:00〜)
13 四人武智(よにんぶち)(0:20〜)
14 山森(やまもり)(1:00〜)
15 柴荒神(しばこうじん)(1:30〜)
16 弓正護(ゆみしょうご)(2:00〜)
17 地割(じふり)(2:40〜)
18 五穀(ごこく)(3:10〜)
19 御神躰(ごしんたい)
      (杵舞・酒こし)(3:40〜)
20 本花(ほんはな)(4:00〜)
21 岩潜り(いわくぐり)(4:30〜)
22 七鬼神(しちきじん)(5:30〜)
23 武智神添(ぶちかんぜ)(6:00〜)
24 八ツ鉢(やつばち)(6:40〜)
25 大神(だいじん)(7:00〜)
26 柴引き(しばひき)(7:30〜)
27 伊勢(いせかぐら)(7:45〜)
28 手力王命(たじから)(8:00〜)
29 鈿女(うずめ)(8:15〜)
30 戸取り(ととり)(8:30〜)
31 舞開き(まいひらき)(8:45〜)
32 注連引き(しめひき)(9:00〜)
33 雲降し(くもおこし)(9:15〜)

上田原(熊野神社) 上田原(今狩) 神楽宿 戸高香さん宅  写真は全番付の内、一部のみ掲載 。

主な画像はクリックすると別ウインドウに1024pixに拡大しますが素面(すおもて)舞については肖像権等もありますので680pixサイズにしております。

[初穂料の奉納]
入場料のある観光向けの神楽では特に必要ありませんが、本番の夜神楽では見学者は供物を持参、奉納します。
通常は受付があるので焼酎2升、または現金3,000円程度を「初穂料」として包んだものを奉納します。
これは、神社でのお賽銭と同じ意味合い+ほしゃどん(神楽を舞う方)へや神楽宿への感謝の気持ちであり、「ふるまい」の食事代やお酒の対価ではありません。

神楽宿周辺の風景〜 道行 舞い入れ

(熊野神社から道行き〜舞い入れ) 

夜神楽は民家を宿として行われる事が多く、その家を神楽宿と呼んでいる。
氏神を「杜」から神楽宿へと出迎えることを「舞い入れ」と式と呼び、「揚輿」に乗せられた氏神は神楽宿へとねり歩く。
神楽宿庭には「山」と呼ばれる一間四方の外注連(そとじめ)が設けられ、穀物、猪等の供え物もありました。
神々は天に近い「山」に降臨し、注連を伝わり「神庭」に舞い降りるという古来の神事形態に基づいており、氏神は神楽宿へ着くと、山の外注連を3廻りして神座には面様(おもてさま)の置かれた神楽宿中央の部屋(おもて)に二間四方の内注連「神庭(こうわ)」に入ります。 

高千穂 上田原神楽 今回の神楽宿周辺風景高千穂 上田原神楽 外注連高千穂 上田原神楽 外注連

道行き神楽





高千穂 上田原神楽 道行(御神幸) 舞い入れ 道行(御神幸)高千穂 上田原神楽 道行(御神幸)

高千穂 上田原神楽 道行(御神幸)上田原神楽 道行(御神幸) 神楽宿上田原神楽 舞い入れ 神楽宿
上田原神楽 舞い入れ 神楽宿上田原神楽 舞い入れ 神楽宿上田原神楽 舞い入れ 神楽宿
上田原神楽 舞い入れ 神楽宿上田原神楽 舞い入れ 神楽宿上田原神楽 舞い入れ 神楽宿
東の神座には面様(おもてさま)を置き、神酒や米、野菜、餅等が供えられる。

上田原神楽 舞い入れ 神楽宿高千穂 上田原神楽高千穂 上田原神楽

三番 神降し

神楽宿(神庭)を祓い清めて八百万神を勧誘する重要な舞。
神楽の舞人は祝子(ほふり)者、奉仕者という意味から「ほしゃ殿(どん)」と呼ばれる。

高千穂 上田原神楽 神降し高千穂 上田原神楽 神降し

五番 杉登り

新しくこしらえた神殿(みあらか)に神が杉を伝わって降臨し村人を祝福する舞。

高千穂 上田原神楽 高千穂 上田原神楽 杉登り高千穂 上田原神楽 杉登り

六番 袖花

鈿女命が天照大神のお使いにて猿田彦神をお迎えに行かれる舞であり、四季の順運と五穀豊穣を祈願する舞。

高千穂 上田原神楽 袖花高千穂 上田原神楽 袖花

七番 地固め

剣、即ち水の徳で耕地をうるおして国造りをする。宝渡しは護符の剣を氏子代表又は宿主に渡す式。
地固め、岩潜り、山森等は女性の帯を襷に用いる事から子授安産の祈願も含まれている。

高千穂 上田原神楽 地固め 高千穂 上田原神楽 地固め高千穂 上田原神楽 地固め

八番 幣神添

幣による祓いの舞、願成就の舞。ここでは後ろ向きに面様を付ける道化荒神も舞った。

高千穂 上田原神楽 幣神添高千穂 上田原神楽 幣神添高千穂 上田原神楽 幣神添

九番 沖逢

水神を祭る火伏せの神楽、天孫降臨の時、天村雲命が真名井の水種をこの地に申し降ろした時の舞。

高千穂 上田原神楽 沖逢

十番 太刀神添

太刀の神威により災厄を払う舞 ハレワイサのサアという舞手のかけ声が入る荒々しい曲技的な舞。

高千穂 上田原神楽 太刀神添高千穂 上田原神楽 太刀神添高千穂 上田原神楽 太刀神添

十一番 住吉

住吉神の海神の舞、稲荷神楽ともいう。最初から歌がいる。

高千穂 上田原神楽 住吉高千穂 上田原神楽 住吉

十二番 火の前

外注連を祭り天照大神の出御を祝福する神送りの舞麻のついた大幣をもつ、高千穂神楽特有の舞。

高千穂 上田原神楽 火の前高千穂 上田原神楽 火の前

十三番 四人武智

山の神水の神の威力を象った舞。

高千穂 上田原神楽 四人武智

十四番  山森

分水嶺の龍神が山の神の神格を帯びる。山岳地帯の最も素朴な舞、山の神と二頭の獅子が出る。

高千穂 上田原神楽 山森 高千穂 上田原神楽 山森高千穂 上田原神楽 山森

十五番 柴荒神

神が柴に乗り神庭に入る。後に神主と問答の問答がある。

高千穂 上田原神楽 柴荒神 高千穂 上田原神楽 柴荒神高千穂 上田原神楽 柴荒神

十七番 地割り

カマドを礼讃し家々の平和を祈願する舞。カマド(台所)より登場する。屋敷祭りをする神主と問答あり。

高千穂 上田原神楽 地割り高千穂 上田原神楽 地割り高千穂 上田原神楽 地割り

十八番 五穀

穀神なった五人の舞人が各々膳に穀をのせ持ち舞う、五穀は(米、栗、大豆、小豆、稗)、豊作に感謝しここではせんぐ餅を巻く。


高千穂 上田原神楽 五穀高千穂 上田原神楽 五穀 高千穂 上田原神楽 五穀

十九番 御神躰(杵舞・酒こし)

杵舞いに続き、陰陽二神(イザナギ・イザナミ)による国生の舞い、本来は新穀感謝祭(新嘗祭)を祝う為に男女の神が新穀で酒をつくり神前に捧げる神楽。

高千穂 上田原神楽 御神躰(杵舞・酒こし)高千穂 上田原神楽 御神躰(酒こし)高千穂 上田原神楽 御神躰(酒こし)

二十一番 岩潜と神楽宿の様子。

剣の舞、岩潜りの語義は、岩間を走る激流の意味で、太刀をくぐる舞の手があることからその名がついたとされる。
時刻は 午前5時前、底冷えのする明け方にもかかわらず熱心に見入る方たち。

高千穂 上田原神楽 岩潜り高千穂 上田原神楽 外の様子高千穂 上田原神楽  外の様子

二十一番以降の番付の写真はありません。 こちらのサイト(高千穂写真ギャラリー「高千穂の夜神楽」(上田原神楽)2006年度)に詳しく掲載されておりますので参照願います。


このページの画像の肖像権、プライバシー権について・・

素面の画像は、あまり大きなサイズに拡大しないようにようにしました。
背景に写る拝観客の方はできる限り顔が認識出来ない様にボカシを入れました。
問題等あるようでしたらメール頂ければ対応します。



宮崎の神楽関連おすすめの本

(クリックすると、それぞれの目次を書いたページへ移動します。)

高千穂の夜神楽なら、まずはこの一冊!!



宮崎の神楽全般なら、まずはこの一冊!!

宮崎の神楽 祈りの原質、その伝承と継承

宮崎の神楽 祈りの原質、その伝承と継承

山口保明著
みやざき文庫2 鉱脈社
目次ページを作りました。

目次のページ